Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

lisp

正負を返すメソッドを記述する際の文化圏間の違いについて

ちょっと面白かったのでメモ。Ruby文化圏で正負を返すメソッドでは「?」で終わります。 一方、Lisp文化圏ではpで終わるようですつまり、「ゼロか否か」を判定する処理は Rubyでは 0.zero? #=> true Common LispやEmacs Lispでは (zerop 0) t となるわけです…

interactiveでミニバッファから変数を受け取る

interactiveの後に渡す文字列で変数を受け取る際ミニバッファに表示する文字列を指定できます。 複数の変数を設定したい場合は改行するようです。 なお、行頭に「コード文字」とかいうものを設定する必要があります。 数値ならば「n」 数値ならばnです (defu…

emacs lispで日常業務自動化ヤッター

今年最後のポストがコレってのもどうかと思いましたが 今回はemacs lispを扱います。 短いスクリプトなら --batch --eval $ emacs --batch --eval '(print (+ 2 (* 6 3)))' 20計算機代わりに使えますね。 外部スクリプトを読むときには --script (emacs 23以…

CASTING SPELs IN LISPでLisp眷属の威力を垣間見る

これ、なんとLand of Lispで三章ほどにわけて紹介されていたネタです。 それがGNU FDL 1.2 にて公開されてます。 Anyone who has ever learned to program in Lisp will tell you it is very different from any other programming language. It is differen…

【読書メモ】それは、Lispという名の狂気  Land of Lisp どくしょかんそうぶん

Land of Lisp作者: M.D. Conrad Barski,川合史朗出版社/メーカー: オライリージャパン発売日: 2013/02/23メディア: 大型本購入: 1人 クリック: 18回この商品を含むブログ (18件) を見るはてブで話題になったLisp星人本こと、Land of Lispの簡易書評です。………