読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

RubyでXivelyにデータを放り込む。

今回は、生成済みFeedにRubyスクリプトでデータを飛ばす方法を紹介します。 下準備 XivelyにDeviceのFeedを生成 上記にsensor1、sensor2というチャンネルを生成 gem 「xively-rb」を入れる。*1 コード 次のコードでは、ランダム値を10秒毎に10回送ります。 r…

Xivelyが凄すぎて開発するのが辛い(サンプルアプリ紹介)

IoT業界の殺し屋と個人的に認定しているXivelyについてです。 前回の記事では登録までを扱いました。 あれだけでは、凄さがわからないと思うので、今回は一歩進んで実際にサンプルアプリの内容を紹介していこうと思います。 step1 サンプルアプリケーション…

IoT向けクラウドストレージ「xively(ザイブリー)」はセンサネット業界の破壊神?

xively(ザイブリー)という名前*1のIoT向けクラウドストレージがあります。 API経由でデータを送信すればグラフ化まで勝手にやってくれるという素敵サービスです。 アカウント取得・並びに5個のデータ転送までなら無料。(取得法は後述) このシステムは今ま…