読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

CoAP( Constrained Application Protocol)とは

wsn

CoAPとは Constrained Application Protocolの略です。

M2M(machine-to-machine)に特化した簡易HTTPとも呼べるものです。
パケット構成は以下のようになっています。

CoAPドラフト第11版(2012/7/16更新)*1より

ヘッダサイズは僅か32bitしかありません。
無線ネットワークでは「パケットサイズ大≒エラー増」です。
サイズが小さく済めば、それに越したことはありません。

現状では、UDPでの利用を想定しているため、高速ですがやや信頼性に欠ける可能性があります。

仕様は現在も策定作業中とのことですが、完成すればセンサーネットワーク分野で有望な規格と言えます。

参考もと

簡易HTTPなCoAP(Constrained Application Protocol)プロトコル - Disce gaudere. 楽しむ事を学べ。

こちらの記事の方が詳しいです。
すっかり見落としてましたが、非同期通信もサポートしてるのですね。

contiki/examples/rest-example at master · contiki-os/contiki · GitHub

組み込み用途に向いた8bitOS、Contiki上で動作させる方法。
COOJAというシミュレータ上で動かせるので実機不要
後で動かし方の記事を書く予定です

更新ログ

(2012/9/5 追記)

  • (1)「Disce gaudere. 楽しむ事を学べ。」様の記事を参考もととして追加。

(2013/10/26 追記)

  • ドラフトのリンクを更新。
  • (3)Contikiでのシミュレーションを追加

*1:https://datatracker.ietf.org/doc/draft-ietf-core-coap/