Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Arduinoの省電力化まわり

現状、Arduinoで省電力動作を実現するには、いくつか方法があるようです。

  1. AVRマイコン関連のヘッダファイル群にある、を使用*1
  2. "Arduino playground"*2よりEnerlib.h*3をインストールして使用

この記事では、最初のの方法を紹介します。

導入方法

  1. http://www.arduino.cc/playground/Code/Enerlibより、zipファイルをダウンロード。
  2. (ARDUINO_DIR)/hardware/libraries/に解凍ファイルをコピー
  3. スケッチでをインクルード

ただし、旧型のArduino Diecimilaでは、通常駆動で35mA、ダウン状態で15mAであったそうです。
これは、レギュレータが(動作状態に関わらず)10mA消費していることが原因です。
AVR自体は、前者で20mA、後者で0.05 mAと大幅な省電力化を実現できます。

最近のものは25mA前後で稼動するようです。

基本状態が待ちのスケッチでは、とても有用なライブラリです。

編集ログ

2013/11/11 参考サイトのリンクが閉鎖していたので削除

*1:http://www.arduino.cc/playground/Learning/ArduinoSleepCode

*2:http://arduino.cc/playground/Main/LibraryList

*3:AVRマイコンのSleepをArduinoから触れやすくするラッパー