Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

===でも、正規表現のオプションを使う事ができる

===でも、正規表現のオプションを使う事ができます。

> /abC/ === "abc"
#=> false

> /abC/i === "abc"
#=> true

ということは、case文でもイケるという事ですね。

> str = 'UEC'
> case str
> when /uec/i then puts 0
> when /tat/i then puts 1
> else		   puts -1
> end

#=> 0
#=> nil