読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

自由な地図プロジェクト OpenStreetMap

gis

今更ながら、OpenStreetMapの存在をしりました。
これは、Google Mapのフリー(自由)版のようなもので、著作権的に自由である事を目指しているようです。

もし、あなたのプロジェクトがGoogle APIを使えば簡単に済むなら、それもいいでしょう。しかし、すべてのプロジェクトがそうなわけでもありません。私たちは、プログラマー、社会活動者、地図情報技師などに、Google APIの利用規約(Terms of Service)のような制限のない、彼らが目的を果たせるような自由なデータセットを必要としています。 .

最近、仕事で規約に縛られて不自由した経験があったので、この情報はありがたいですね。
Google Mapにおける ”RGoogleMaps”に相当する
“OpenStreetMap”というパッケージもあるようなので、試しに今のプロジェクトデータを置き換えてみたいです。
欧州発のサービスらしく、鯖の反応がやや遅いのが難点といえば難点なのかもしれません。
(追記)
などと書いていたら、ちゃんと日本鯖もありました……http://openstreetmap.jp/
ちゃんと調べろって話ですね。

2/22(金)には明星大学OpenStreetMapアプリの講習会があるそうなので、
時間が作れれば是非出たいところです。
OpenStreetMap 利用アプリ開発入門 : ATND

ところで

OpenStreetMapが正しいつづりです。一語、3つの大文字、1つの地図(map)です。OpenStreetMapは商標でもあります。

だそうです。
名前重要。