Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

shoes4をgithubからcloneしてgem化

この記事は、githubのソースからコンパイルする方法を紹介しています。
ソースがやや古いので、近々更新予定です。
また、Pre版ではありますが、gemコマンドで導入できるようになってます。

前回の記事Mac OS X環境にshoes4のコンパイル環境を作る所までは解説しました。
ところが……あのままですと外で使えません。

$ bin/ruby-shoes samples/simple.rb

としてあげればGUIは出るのですが……コマンドからもお察し重点なように、shoe4ディレクトリに居るのが前提です。
毎度毎度ファイルを移動するのはかったるいので、今回の記事ではshoes4ディレクトリの外で使えるように環境を整えます。

以下の例では、

  • Mac OS X 10.7.5
  • shoes4 導入済
  • rbenv 導入済
  • shell はbash
  • サンプルファイル名 sample.rb

としています。


まずはgem化です。
とりあえず最新のコードを引っ張ってきます。

$ cd shoes4
$ git pull
$ gem install bundler && bundle install
$ rake

続いて、gem化です。コマンド一発で楽チン。

$ rake gem
$ gem install pkg/shoes-4.0.0.pre1

これでgem化も完了です。
あとは、コマンドのエイリアスも置いてあげましょう。

$ echo "alias shoes='~/source_code/shoes4/bin/shoes'" >> ~/.bashrc
$ source ~/.bashrc 

としてショートカットを作ってしまいます。
こうすれば、

shoes <FileDir>/sample.rb

で実行してくれます。
当然の事ながら、rubyJruby系を使わないと動きません。
必要ならば、対象コードがある部分で

echo 'jruby-1.7.4' >> .ruby-version

としてlocalの利用rubyを設定してあげましょう。

注意::
執筆時点ではまだまだバグが多いようで、結構な数のサンプルが動きません。
人手が足りてないそうなので、バグをみつけたら積極的に協力しませう。

参考もと