Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

irbでyaml出力を得る

irbのオプションを生かせば、わざわざrequire"yaml"を呼ばなくともYAML出力を得られます。

設定法

最初からYAML出力

$ irb --inspect yaml

実行途中でYAML出力に切り替える

> conf.inspect_mode = :yaml

ちなみに...他の出力は

  • raw
  • p
  • pp
  • marshal*1
  • 独 自 定 義

があります。
出力結果の取り扱いを手前で決定できます。
こういう良い意味の変態性、さすがRubyといったところ。
http://docs.ruby-lang.org/ja/2.0.0/method/IRB=3a=3aINSPECTORS/s/def_inspector.html

運用例

配列

> Dir.entries('./').map {|f| f}
=> ---
- .
- ..
- .git
- .gitignore
- .rspec
- app
- bin
- config
- config.ru
- db
- Gemfile
- Gemfile.lock
- lib
- log
- public
- Rakefile
- README.rdoc
- spec
- test
- tmp
- vendor

ハッシュ

> {hoge:1, piyo:2}
=> ---
:hoge: 1
:piyo: 2

合わせ技

> [{foo:0},{hoge:1, piyo:2},42]
=> ---
- :foo: 0
- :hoge: 1
  :piyo: 2
- 42

*1:Rubyオブジェクトを保存できるアレ。近いうちに記事化予定