読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Brewで困ったらバックアップ取って再インストール。是普遍的。

$ brew update
error: Your local changes to the following files would be overwritten by merge:
	Library/Formula/emacs.rb
Please, commit your changes or stash them before you can merge.
Aborting
Error: Failure while executing: git pull -q origin refs/heads/master:refs/remotes/origin/master

等々、こんなエラーが出た場合は環境がグチャグチャになっています。
上の問題自体は

$ cd /usr/local/
$ git stash

で強引に消す事も可能です。

...が、折角なのでBrew環境の大掃除をしてしまいましょう。

$ brew list > ~/brewlist.log
$ rm -rf /usr/local/Cellar /usr/local/.git && brew cleanup
$ ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.github.com/Homebrew/homebrew/go/install)"
$ brew update

これで綺麗になります。

あとはBash環境ならば

$ for i in `cat ~/brewlist.log`; do printf $i; done
$ . ~/.bashrc

のようにして、再度パッケージを入れ直してあげれば完了です。
ついでに不要になったパッケージをbrewlist.logから捨ててしまうのもアリですね。