Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

magnumCIでherokuアップロードをしてみる

設定項目の中にはaddonとデプロイ支援ツールが入っています。
今回はherokuを使って見ましょう。
f:id:shuzo_kino:20140320231759p:plain

情報を入力します。
f:id:shuzo_kino:20140320232827p:plain

Heroku toolbeltで以下のようにして、
サンプルアプリを作ります。

$ heroku apps:create sampleapplication

$ heroku auth:token

これらの情報を上の画面に記載します。

あとはデプロイすれば完了です。