Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Curb--CurlをRubyスクリプトらしく使う

CurbはCurlRubyスクリプトらしく使うgemです。
Curlで出来る事は大抵できます。
その上記法がRubyに則るので、可視性と記述性が大幅に向上します。

githubにログイン

ログインにも対応しています。
オプションを山盛りしなくてもいいのです

c = Curl::Easy.new("http://github.com/")
c.http_auth_types = :basic
c.username = 'foo'
c.password = 'bar'
c.perform

ワンライナーでも使える

以前書いたお天気ワンライナー()も

$ ruby -r yaml -r json -r curb -e 'puts YAML::dump( JSON.parse! Curl.get(ARGV[0]).body_str)' http://weather.livedoor.com/forecast/webservice/json/v1?city=130010

と若干見やすくなります。