読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

rake db:resetではschema.rbから復旧が行われる

今迄無批判に

$ rake db:migrate:reset
$ rake db:reset

としていました。
これでDBを弄りつつseedを配置していた訳ですが...
Engineをmroongaに設定したところ、今迄の手法が通じませんでした。
というのも、db:resetは
削除=>作成=>schema.rbから復旧という手法を取る訳で...
migrationでEngineを設定するとschemaまでは手が及ばないので上書きされます。
これを知る迄、「reset」はseed.rbのリセットの事だと思ってましたが
...違ったのですね(

というわけで、検索エンジンを変更しつつseedを投入するには

$ rake db:migrate:reset
$ rake db:seed

が正しいという事になります。

写経の時期が終わったらちゃんとコマンドの意味を確認しにいかないとダメですねぇ...