読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Redigo:GO言語上でredisを試す。

golang dbTech

ライブラリを導入し

$ go get github.com/garyburd/redigo/redis
$ #{おこのみのエディタ} hello-go-redis.go

とやって、以下のコードを入力します。

package main

import "fmt"
import "github.com/garyburd/redigo/redis"

func main() {
//INIT OMIT
c, err := redis.Dial("tcp", ":6379")
if err != nil {
panic(err)
}
defer c.Close()

//set
c.Do("SET", "message1", "Hello World")

//get
world, err := redis.String(c.Do("GET", "message1"))
if err != nil {
fmt.Println("key not found")
}

fmt.Println(world)
//ENDINIT OMIT
}

とします。
デフォルトでのredisはポート6379で開いてます。
異なるものを設定している方は変更してください。

$ go get github.com/garyburd/redigo/redis
$ /usr/local/bin/redis-server 

として鯖を立ち上げた上で、スクリプトを実行してみます。

$ go run hello-go-redis.go 
Hello World

ためしにredis-cliでも確認すると...

$ redis-cli 
127.0.0.1:6379> get message1
"Hello World"

ちゃんと入っていますね。