読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

数値の刻み方にも国際ルールがある

経営 海外 備忘録

数値の桁区切りも国際度量会議なるもので定められています。

123 456.0

あるいは

123 456,0

が正しいのだそうです。

と、一応決まってはいるものの...実際には各国各々の方式を使っています。

運用地図

Wikipediaから画像を引用すると、こんな感じになります。
f:id:shuzo_kino:20140830151524p:plain

Point "." – Blue
Comma "," – Green
Eastern Arabic numerals – Red

ポイント式

ドットで桁区切りを表現する国です。ポルトガル、中東諸国が外部と取引する際に使用します。

1.234,0

カンマ式

カンマで桁区切りを表現する国です。日本では馴染みですね。中国圏や英語圏でもこの方式です。

1,234.0

空白式

空白で桁区切りを表現する国です。ロシアやポルトガルが該当します。

1 234,0

アポストロフィ

アポストロフィ式で桁区切りを表現する国です。スイスとリヒテンシュタインが該当します。

1'234,0

インド式

ゼロを発明したインド人は相当独特な考え方をします。

12,34,567.89

はじめだけ3桁、あとは2桁。発狂しそうです。

実際に困った事例

計算ソフトで意図せぬ誤作動が発生する様子。タマゲタなぁ……


さいごに

...と、まぁ各国ローカルルールが世界標準と思っているフシがあるので注意が必要です。
私もPO式の某国に「これが国際標準!」と押し切られた経験があります。
こういう違いがある事を認識した上で、柔軟に対応できるようにしましょう。