Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

特別な拡張を使わずinit.elを分割して別ファイルにする

init.el単体でやっていたのですが、良い加減量が増えてきた感があったので
分割する方法を調べてみました。

次のようなディレクトリ構造の場合

 .emacs.d/
   init.el
   custom/
     01ruby.el
     02org.el

init.elを

 (add-to-list 'load-path "~/.emacs.d/custom")
 ..
 ..
 (load "01ruby.el")
 (load "02org.el")

としてあげれば、分割先ファイルを読み込む事が出来ます。
数が少ないうちはこんなもんでも問題ありません。
増えてきたらinit-loaderなんてのもある様子。
また、cask.elとpallet.elを使ってあげると、環境毎...例えば家のUbuntu用と職場のOS X用...で設定を切り替える事もできるみたいです。
これらついてはまた今度