Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

topコマンドでリアルタイムで変動するプロセスの情報をみる

topコマンドは

top - display and update sorted information about processes

とあるように、プロセスの状態を一覧してくれるコマンドです。
状態を逐次更新してくれるので、瞬間的に負荷がかかるようなコマンドもわかります。
今迄pgrepやpsをカツカツ叩いてましたが…こんな便利なのがあったのね(白目

実行すると

$ top
Processes: 174 total, 2 running, 5 stuck, 167 sleeping, 1096 threads   23:38:12
Load Avg: 1.84, 2.04, 1.88  CPU usage: 9.46% user, 8.81% sys, 81.72% idle
SharedLibs: 7136K resident, 4372K data, 0B linkedit.
MemRegions: 67383 total, 1250M resident, 16M private, 206M shared.
PhysMem: 3041M used (1545M wired), 14M unused.
VM: 448G vsize, 1065M framework vsize, 21154648(62) swapins, 22586597(0) swapout
Networks: packets: 2411017/1379M in, 1920114/412M out.
Disks: 6350539/149G read, 2990459/127G written.

PID    COMMAND      %CPU TIME     #TH  #WQ  #PORT #MREGS MEM    RPRVT  PURG
17940  mdworker     0.0  00:00.11 6    2    58    65     2116K  1316K  0B
17939  top          14.3 00:00.86 1/1  0    23    40     2120K  1888K  0B
17938  systemstatsd 0.0  00:00.01 2    1    22    38     152K   112K   0B
17937  mdworker     0.0  00:00.23 5    1    55    72     1920K  1512K  0B
17936  Google Chrom 0.0  00:25.23 13   0    120   665    80M-   80M-   0B
17933  Google Chrom 0.0  00:07.85 13   0    120   544    14M+   14M+   0B
17932  Google Chrom 0.0  00:08.34 13   0    120   486    11M    10M    0
...

てな感じで出力されたものがリアルタイムで更新されます。
さらに、管理権限で「q」オプションを使う事で最優先にする事もできるそうです。