Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

RubyでSHA1やMD5のようなハッシュ値生成する

前の記事ではコマンドでハッシュ値を生成する方法を紹介しましたが、
Rubyにもそういう方法があります。

Digest::MD5.hexdigest('shuzo_kino')
=> "ee8d178973ee4f7a39debb9cd63ce336"

MD5は手っ取り早くファイル情報を暗号化したい場合に有効です。
非可逆性なので、このHash値自体から本体の復元はできません。

MD5の他にも、SHA1、SHA2、RMD160のようなメジャーどころのライブラリも揃っています。