Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

テキストファイルをまとめてcat風に表示したい場合、tailを使う手が

tailコマンドは通常、ファイルの末尾数行を表示するコマンドですね。

$ ls
difffile.diff	test.txt	test_diff.txt

という構成で、全部表示したい場合、以下のようにやるとファイル名つきで表示してくれます。

$ tail +1 *
==> difffile.diff <==
--- test.txt	2015-01-04 21:46:58.000000000 +0900
+++ test_diff.txt	2015-01-04 21:47:52.000000000 +0900
@@ -1,2 +1,2 @@
-This is a sample text.
+This is a sample post.
 

==> test.txt <==
This is a sample text.


==> test_diff.txt <==
This is a sample post.

何やらUNIX哲学的でない用法ではありますが、実際役に立ちます。