Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

sinatraでmarkdownを使う(slim経由)

楽にネタアプリを作りたい場合、Railsではなくsinatraを使ったほうがいい場合も多々あります。
加えて、マークダウンみたいなのが使えれば更に試作が早くなりますよね。
今回はそんな話です。

実際のところ

画面遷移なし、コメントとGoogle.comへのリンクだけを持ったページを表示するアプリを考えます。

次のようなディレクトリ構成でファイルを用意します。

$ tree
.
├── app.rb
└── views
    └── index.slim

1 directory, 2 files

ファイル構成

app.rb

sinatraのアプリケーション。
画面遷移もないのでとても短い。

$ cat app.rb 
require 'sinatra'
require 'slim'

get('/') { slim :index }

__END__
view/index.slim

アプリで読みだすindexページをここに記載。
今回の趣旨である、マークダウン記法だけのシンプルファイル。

$ cat views/index.slim 
markdown:
  # title
  Hello from now

  # testlink
  [http://google.com](http://google.com "google")

稼働

これを、

$ ruby app.rb

で実行しlocalhost:4567で確認すると
f:id:shuzo_kino:20150508002720p:plain
こんな感じで、ページが出てきます。

何がいいんです?

タダでさえ記述が短いslimで、更に記述が短いmarkdownを併用できる。
実際早い。