Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

「Ruby-Graphviz」で図表を楽に作る

Ruby-Graphvizは名前の通りGraphizをRubyから扱う事ができるgemです。

導入法

Graphvizを導入した上で

gem install graphviz

……とやればいいのですが。
OS X環境ではうまい事読んでくれないらしく

require 'rubygems'
gem 'graphviz
require 'graphviz'

と、明示的にrubygems様のお力を借りに行かなければなりません。

実際のところ

サンプルコードをもとに

require "rubygems"
gem "ruby-graphviz"
require "graphviz"

GraphViz::new( :G, :type => :digraph ) { |g|
  g.world( :label => "World" ) << g.hello( :label => "Hello" )
}.output( :png => "hello_world.png" )

とやると、
f:id:shuzo_kino:20150522235016p:plain
てな感じで見慣れたGraphvizの図がでてきます。