Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

postgresでユーザ削除するときはdropuser

postgresでユーザ削除するときはdropuserというコマンドを使います。

実際のところ

以下のような状況だったとします。
勝手がわからない頃にお試しで作ったユーザが2つ残ってます。

postgres=# \du
                              List of roles
 Role name  |                   Attributes                   | Member of 
------------+------------------------------------------------+-----------
 adminuser  |                                                | {}
 shuzo_kino | Superuser, Create role, Create DB, Replication | {}
 testuser   |                                                | {}

この2つのユーザを消すには、以下のようにします。

dropuser adminuser
dropuser testuser

確認すると

# \du
                              List of roles
 Role name  |                   Attributes                   | Member of 
------------+------------------------------------------------+-----------
 shuzo_kino | Superuser, Create role, Create DB, Replication | {}

Sudo抜きで実行できる上に、デフォでは確認ダイアログすら出ない侠気溢れる仕様なので利用時は注意してください。