読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

postgresでテーブルのカラムを調べるには「 \d table」

mysqlだと

SHOW COLUMN

でテーブルのカラムを確認できます。
が、PostgreSQLだと無効なコマンドです。
確認するには、「 \d table」と何やら魔界めいたコマンドで

mydb=# \d weather
           Table "public.weather"
 Column  |         Type          | Modifiers 
---------+-----------------------+-----------
 city    | character varying(80) | 
 temp_lo | integer               | 
 temp_hi | integer               | 
 prcp    | real                  | 
 date    | date                  | 

とやるか、selectコマンドにcolumn_name、information_schema.columns等々、これまた魔界めいたクエリを渡して

mydb=# select column_name from information_schema.columns where table_schema = 'public';
 column_name 
-------------
 city
 temp_lo
 temp_hi
 prcp
 date
 name
 location
(7 rows)

てな感じでやる事も

……どっちにせよ、直感に反するアレですね