Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

よく使う関数はawkスクリプトとして保存して適時読み出すと楽

よく使う関数はawkスクリプトとして保存して適時読み出すと楽になるケースがあります。
awkスクリプトは-fオプションで読み込みます。
その後で、ワンライナーやら何やらが使えるので使いどころによっては重宝します。

実際のところ

参考もとのモノをベースに特定の文字を指定数だけ出力するstrという関数をつくります。

$ cat str.awk
function str(n,c) {
  tmp = ""
  while((n--) > 0) tmp = c tmp
  return tmp

}

これは、-fオプションで指定してあげればそのまま使うことができます。

$ gawk -f str.awk --source 'BEGIN {  print str(20,"+") }'
++++++++++++++++++++

さらに、gawkコマンド自体にエイリアスを張って

alias gawk="gawk -f /path/to/str.awk"

とかやってあげれば、更なる時短になります。
人に渡すときは注意が必要ですけどね。

参考もと