Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

【読書メモ】ヘルシープログラマー

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

不健康職種の代表選手、我らプログラマー
やれ鬱病だ、腰痛だと聞いていて滅入るような話ばかり聞きます。

嘘か誠か、
「実際技術力のあるプログラマか知るには相手の体格を見ればいい。不健康なら合格。」
なんて冗談めいた話も飛び交います。

そんな我々プログラマにあてた健康本が、今回紹介するヘルシープログラマーという本です。

扱うネタは

  • 腰痛
  • 眼精疲労
  • ダイエット
  • 手首痛

と、ともすればオフィス勤務者向けの本にも書いてそうな話ばかりです。

ただし、それらを説明する概念として
「再プログラミング」
ユニットテスト
「自分というハードウェアのアップグレード」
といった、業界用語を交えているあたり大分心理的障害が無くなったように感じます。

各章は無理なく実行できる(ただし継続は、相応)な事が19個示されています。
購入してから、そこそこ経ちいくつかの項目は今でも実行しています。
例えばゴール18の具体例として、今月から会社の福利厚生でスポーツジムを使えるようにしました。
さすがにヨガやロッククライミングはコースがなくてやってませんが。
それでも、腰痛や眼精疲労がほぼ無くなりました。
予想外の効果として寝つきが良くなった事も挙げれます。
今までは布団に入って2時間は意識があり、不足分をオフィスの昼寝でカバーするという悪循環だったのに。

というわけで、「読んでためになる」のは当然のこと「実施すると人生が変わる」という類の本だったなというのが印象です。
まだまだやって無い事の方が多いので全部やったら凄い事になりそうです。

関係する本

健康以外に、お金や精神衛生面について紹介した本はこちら。
shuzo-kino.hateblo.jp