読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

giteverydayで「公式が考える」Git利用者の典型的作業をみてみる

Git

giteverydayはgitを導入するとついてくる「使い方事例」みたいなものです。
変な入れ方をしていなければ、manマニュアルに登録されているので

man giteveryday

で実行できます。

中身はmanを事例を挙げて掘り下げたような感じです。
シナリオとして

  • 個人開発者(単独)
  • 個人開発者(協調作業)
  • 企業

というのが用意されています。

試しに個人開発者の事例をみていくと

       Create a topic branch and develop.

               $ git checkout -b alsa-audio (1)
               $ edit/compile/test

               $ git checkout -- curses/ux_audio_oss.c (2)
               $ git add curses/ux_audio_alsa.c (3)
               $ edit/compile/test
               $ git diff HEAD (4)
               $ git commit -a -s (5)
               $ edit/compile/test
               $ git diff HEAD^ (6)
               $ git commit -a --amend (7)
               $ git checkout master (8)
               $ git merge alsa-audio (9)
               $ git log --since='3 days ago' (10)
               $ git log v2.43.. curses/ (11)
           1. create a new topic branch.
           2. revert your botched changes in curses/ux_audio_oss.c.
           3. you need to tell Git if you added a new file; removal and
           modification will be caught if you do git commit -a later.
           4. to see what changes you are committing.
           5. commit everything, as you have tested, with your sign-off.
           6. look at all your changes including the previous commit.
           7. amend the previous commit, adding all your new changes, using your
           original message.
           8. switch to the master branch.
           9. merge a topic branch into your master branch.
           10. review commit logs; other forms to limit output can be combined
           and include -10 (to show up to 10 commits), --until=2005-12-10, etc.
           11. view only the changes that touch what's in curses/ directory,
           since v2.43 tag.

と、かなり踏み込んだ事例を挙げています。
公式が供給しているだけあって、Git入門みたいな巷のサイトよりかは効率よく美しい書き方がされてます。
ちゃんと研究してみると、見落としてるコマンドがいっぱい見つかりそうです。

参考もと

  • man giteveryday