読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

会社システムの崩壊を防ぐ「のれん分け制度」についての考察

経営

経営者会(と称する飲み会)で、
「のれん分け制度」は会社システムを維持発展させていく上で重要なんじゃないか、
という事が話題が出ました。
ちょっと面白い話だったので、メモ。

抜粋

システムとしての会社が崩壊する原因として

  • (1) 身の丈に合わない急成長を目指す
  • (2) 古参社員の発言力増大と、それに伴う組織硬直化

が挙げられる。

これらを阻止する上で、「のれん分け制度」は極めて有効である。
(1)については、「のれん分け」を目指す以上は中長期的な教育のシステムを組み込まざるを得ない。
また、(2)についても「のれん分け」で古参社員を組織から友好的に分離させるという意味で極めて有効。
将来的には、基本的価値観が共有された身内によってトレンド調査や人脈拡大を効率的に行う事ができるメリットもある。