Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

String#trim()で空白や制御コードを消す

String#trim()は文字列の前後にくっついている空白を消すメソッドです。
空白以外にも、改行コードも消してくれます。
純粋に空白を消すだけなら、別のメソッドを使ったほうが良いでしょう。

実際の所

改行コードやタブ、空白を含んだ文字列から、それらを消す場合は以下のようにします。
文字列中の空白は対象外なので英文をソートする場合もOK。

"  \thoge fuga \n".trim()
//> 'hoge fuga'

やや実験的メソッドとしてtrimLeft()とtrimRight()があります。
実装によってはまだ動いていないみたいです。
オレオレプロジェクト以外では当てにしない方が良いでしょう。

"  \thoge fuga \n".trimLeft()
//> 'hoge fuga \n'

"  \thoge fuga \n".trimRight()
//> '  \thoge fuga'