読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

express4でjadeをつかう

あまりに久々すぎて完全にやり方を忘れてたのでメモ

実際のところ

単純に、トップページにjadeをレンダリングした内容を表示したいだけなら、以下の通りです。

app.js

var express = require('express');
var app     = express();

app.use('/data', express.static('data'));
app.set('view engine', 'jade');

app.get('/', function(req, res) {
  res.render('index', { title: 'Hey', message: 'Hello there!'});
});

app.listen(3000, function () {
  console.log('Example app listening on port 3000!');
});

viewsディレクトリには以下のようなindex.jadeファイルをおきます。
ディレクトリ名をviewとか単数形にすると認知しないので気をつけて下さい(白目

html
  head
    title= title
  body
    h1= message

最終的なディレクトリ構造は以下のようになります

$ tree -L 2
.
├── app.js
├── data
│   └── Flag_of_Japan.png
├── node_modules
│   ├── express
│   ├── jade
│   └── public
├── package.json
└── views
    └── index.jade