Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

avahiをつかってHost Nameログインを行う

仕事柄、Raspiのような軽いボードをよく使います。
コレ用にキーボードを用意するのは不毛なので、極力SSH接続をしてるわけですが……I
職場環境のIPと、客先のIPが一致してるケースなんて稀ですから、毎度毎度ifconfigで調べんといけません。
そんな面倒な事はAvahiでHost Nameをつかってログインする体制を作れば解消できます。

実際のところ

SSHが有効になっている前提で話をします。

まず、avahiを導入します。

$ sudo apt-get install avahi-daemon

次にHost Nameの設定

$ sudo raspi-config

すると、文字ベースの設定画面がでてきます。

raspi-configでのhosrtname変更

20190130時点版

<20190130 コマンドの内容変更により更新>
Network
f:id:shuzo_kino:20190130224053p:plain
hostname
f:id:shuzo_kino:20190130224114p:plain
入力できる文字の注意書き。
読んで、OKをおして次へ
f:id:shuzo_kino:20190130224853p:plain
入力画面です。
f:id:shuzo_kino:20190130224934p:plain

再起動後

本体の方はダウンロードすると勝手に立ち上がってます。
起動ログをみるとこんな感じの文字列がありますね。

yourhostname: login

この状態になったら、操作する側のPCで以下のコマンドを叩けば、あとはいつも通りのSSHのログインができます。

$ ssh pi@yourtestname.local

備忘録ついて

過去版

ここでは(9)Advanced optionを選択。
f:id:shuzo_kino:20160730201854p:plain
次の画面では(A2)Host Nameをチョイス
f:id:shuzo_kino:20160730201911p:plain
名前を設定する画面がでてくるので、英字小文字で名前を設定します。
今回は"yourtestname"としておきましょう。
全部終わったら、下方にあるを押してください。
再起動され、設定が反映されます。

これ以降は再起動と同じ