読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Raspberry Piの無線LAN設定をCLIだけでやる

Raspiの無線LAN設定をCLIだけでやる方法です。
Debian系なので、Ubuntuや他の組込系でもいけるかも知れません。

実際のところ

ドングルを挿す

USBにWiFiドングルを差込ます。
で、

$ lsusb

リストの中に、以下のようにドングルを示す文字列があれば成功です。

 WLI-UC-GNM Wireless LAN Adapter [Ralink RT8070]

interface設定

まずinterface設定です。
次の文字列を入力

$ sudo nano /etc/network/interfaces

エディタが立ち上がるので、wlan0の部分を細工します。

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-conf /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

wpa_supplicant.conf

次にwpa_supplicant.confを立ち上げ、アレコレ

$ sudo nano /etc/wpa_supplicant/wpa_supplicant.conf

末尾に、以下の様な感じでSSIDやPASS、暗号化形式を追記

# network info.
network={
        ssid="YOUR_SSID"
        psk="YOUR_PASS"
        key_mgmt=WPA-PSK
}

ネットワークインタフェイスを再起動させます。

$ sudo ifdown wlan0
$ sudo ifup wlan0

事後の策

何らかの異常により"/sbin/wpa_supplicant deamon failed"とか出た場合、
wpa_supplicant.confを放棄して"/etc/network/interfaces"を書き換える……という非文化的方法もあります。

allow-hotplug wlan0
iface wlan0 inet dhcp
wpa-ssid="YOUR_SSID"
wpa-psk="YOUR_PASS"