読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

組み込み関数range

python

Pythonの組み込み関数rangeは開始地点からステップ数まで、色々設定できる便利関数です。
Rubyだと類似記法として以下の様なものがありますが……ステップまで一つの関数で面倒見てくれるのは一寸便利かも

Array(1999..2006)

実際のところ

まえの内容も以下のように書き換えられます。
これを使うか、サンドイッチ風を使うかはケースバイケースですね。
shuzo-kino.hateblo.jp

s = list(range(1999,2006))
#=> [1999, 2000, 2001, 2002, 2003, 2004, 2005]

var = 2001

var in s
#>> True

N個毎……といった記述も可能です。
1996年から今回のリオ五輪までの夏五輪開催年を出すのはこんな感じ

list(range(1996,2017,4))
#=> [1996, 2000, 2004, 2008, 2012, 2016]