読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

標準組み込みのタプル型を使い方

タプル型は変更不能のデータ型です。

x = (1,2,3,'a')

x[3]
#>> 'a'

違った値をぶち込もうとすると、エラーを吐きます

x[3] = 'b'
#>> Traceback (most recent call last):
#>>  File "<stdin>", line 1, in <module>
#>> TypeError: 'tuple' object does not support item assignment

in節も使えたり。

2 in x
#>> True

コロン記法も。

x[1:4:2]
#>> (2, 'a')

変わったところでは、辞書型のキー要素としても使える所でしょうか。
GPSだとか、複雑なデータが生じた際のトリガーとして有用そう

geo = {(35.658611, 139.745556): "TokyoTower",(36.737917, 139.501972): "Kegon Falls"}

geo[(36.737917, 139.501972)]
#>>'Kegon Falls