Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

python-twitterでbotフォロー用新アカウントに情報を流し込む

先月書いた記事の続きです。ようやく着手できました……。
shuzo-kino.hateblo.jp

私はbotやニュース系を一つのリストに突っ込んで時間の有る時に流し見するような使い方をします。

実際のところ

from __future__ import print_function
import twitter

twit_info = {'CONSUMER_KEY':'XXX',
             'CONSUMER_SECRET':'YYY',
             'ACCESS_TOKEN':'ZZZ',
             'ACCESS_TOKEN_SECRET':'000'}

# APIのインスタンスをつくる
api = twitter.Api(consumer_key=twit_info['CONSUMER_KEY'],
                  consumer_secret=twit_info['CONSUMER_SECRET'],
                  access_token_key=twit_info['ACCESS_TOKEN'],
                  access_token_secret=twit_info['ACCESS_TOKEN_SECRET'])

# フォローしたいアカウントID。
# 既存リストから作りたい場合は以下の記事参照
# http://shuzo-kino.hateblo.jp/entry/2016/07/20/225345
val = ['mikata_no_kiti', ..., 'comic_natalie']

for x in val:
  api.CreateFriendship(screen_name=x)

result = api.GetFriends()
print([u.name for u in result])

上手く行けば、フォローしたアカウント名がズラズラと出てきます。

['コミックナタリー', ... ,'アストラギウス銀河を二分するbot']