Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

FlashAirの設定ツールを使う

FlashAirにはWIn/OS X用のGUI形式の設定ツールが用意されています。
直接設定ファイル書き換えもできるのですが、楽な方がいいですよね。

実際のところ

導入

下記サイトからツールをダウンロード。
私はMacBookProなので、OS X用のdmgです。
www.toshiba.co.jp
起動すると二つのアプリがあります。
FlashAirをSDカードスロットに差し込んだ状態で右側のFlashAirがあるアイコンの方をクリック。
f:id:shuzo_kino:20160925234604p:plain
完全に新規な状態で読み込むと、当然デフォ値なので初期化プロセスで環境を
まずはネットワーク設定。接続先のWiFiの情報を書き込みます。
f:id:shuzo_kino:20160925234644p:plain
疎通の確認。
f:id:shuzo_kino:20160925234651p:plain

一旦引っこ抜いて、電源付きのガジェットに接続。
普通はカメラ、僕らだと電源付きのSDカードリーダ子機でしょうか?
全ての設定が終わると、以降ローカルネットワーク内でSDカードに保存されたデータが確認できます。
f:id:shuzo_kino:20160925234700p:plain


一連の設定が終わると、次回以降はこんな感じの画面が出てきます
f:id:shuzo_kino:20160925235846p:plain

その後の展開

たとえばRasbianを書き込んでいる場合、リモートでRasbianの中身を書き換えたりリブートできたりするみたいです。
flashair-developers.com