Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

cURLでincludeオプションをつけるとレスポンスヘッダを見ることができる

cURLでレスポンスヘッダを表示する場合、includeオプションを付けてやります。

実際のところ

前回の記事でJSONを吐き出すパートを作りました。
includeオプションをつけて表示すると、この通り

$ curl --include http://localhost:8080/api/status
HTTP/1.0 200 OK
Date: Tue, 27 Sep 2016 15:03:09 GMT
Server: WSGIServer/0.2 CPython/3.4.3
Content-Length: 50
Content-Type: application/json

{"status": "online", "time": "09-28_00:03:09_JST"}

通常のHTMLなら、こんな感じ

$ curl --include http://localhost:8080/time
HTTP/1.0 200 OK
Date: Tue, 27 Sep 2016 15:03:25 GMT
Server: WSGIServer/0.2 CPython/3.4.3
Content-Length: 148
Content-Type: text/html; charset=UTF-8


<h1>jade sample</h1>
<p>var : <p>09-28_00:03:25_JST</p></p>
<p>Jade is outdated.  Use Pug! </p>
<li>https://pugjs.org/api/getting-started.html</li>

レスポンスコード等、一部情報だけみたい場合

shuzo-kino.hateblo.jp

参考もと