Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

FlashAirのupload.cgiを使ってファイルをアップロード

FlashAirのupload.cgiを使ってファイルをアップロードする方法です。
元の写真アップ機能はもちろん、データロガーとしても。
用途が広がって、色々捗りますね。

実際のところ

設定の書き換え

UPLOADを1(=アップロード対応)、
APPTIMEOUTを0(=停止しない)

[Vendor]

CIPATH=/DCIM/100__TSB/FA000001.JPG
VERSION=FA9CAW3AW3.00.00
CID=02544d535733324731ea8ec97900f701
PRODUCT=FlashAir
VENDOR=TOSHIBA
APPNAME=flashair
WEBDAV=1
TIMEZONE=36
IFMODE=1
APPSSID=APMODE_SSID
APPNETWORKKEY=*****
APPMODE=6
APPAUTOTIME=0
DNSMODE=1
BRGSSID=YOURNETWORK_SSID
BRGNETWORKKEY=*********
LOCK=1
UPLOAD=1

動作試験

では、この状態でhttp://flashairを見てみましょう。
前回の記事でRaspbian環境を作ってるのでdebian系のbootファイルが色々見えてますね。
f:id:shuzo_kino:20161001225907p:plain

WEBブラウザで実験

http://flashair/upload.cgiにアクセスすると、
f:id:shuzo_kino:20161001225828p:plain
ためしに、このフォームでgopherくんの画像をアップすると……一番下に出てきます。
軽い画像データなので、そっけないアイコンが見えます。
デジカメのようなサイムネイル埋め込みデータなら小さい画面が出るみたいです。
f:id:shuzo_kino:20161001225656p:plain

ディレクトリを変える

このままだと都合が悪いので、アップロード先を変えましょう。
写真のアップ先として"/DCIM/100__TSB"というのがあるので、これに倣う感じで101__TSBとします。
cURLのリクエスト発行で楽々。

$ curl http://flashair/upload.cgi?UPDIR=/DCIM/101__TSB

【番外編?】cURLで画像アップ

ディレクトリ変更の確認も兼ねて、もう一個画像をうp。
今度はcURLで。

$ cd $IMGDIR
$ curl -F 'file=@chip.png' http://flashair/upload.cgi

みてみると、まずディレクトリは出来てます。
f:id:shuzo_kino:20161001230210p:plain
潜ると、ちゃんとありましたね。
f:id:shuzo_kino:20161001230215p:plain