Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

safariにはiOS用のデバッグモードが内蔵されている

safariにはiOS用のデバッグモードが内蔵されています。
XCodeでもかなりの事がわかりますが、処理順や実行時間みたいな事はわかりません。
Safariはそこら辺をよろしくサポートしてくれます。

実際のところ

iOS側の設定

まず、iOS側の設定画面で「Safari」の項目から一番下にある項目をオンにします。

Safari側の設定

「メニューバーに開発を表示」をチェック。
私の環境では最初からONになってました。
f:id:shuzo_kino:20161028234915p:plain
「開発」=>「あなたのiOSガジェット」=>「index.html(違う名前かも)」
f:id:shuzo_kino:20161028235047p:plain
コンソールが開くので、リブートして追ってみましょう。
今回の場合、JSの文法ミスが原因らしいことが観測でます。
f:id:shuzo_kino:20161028234925p:plain