Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

ビルトイン関数zipの使いみち

Pythonのビルトイン関数zipはiterate可能なモノをくっつける

実際のところ

試しに、rangeと文字列をくっつけてみます。
形態としてはzipオブジェクトとして格納されるみたいです。

zp = zip(range(0,100,20), 'abcde')
#>> <zip object at 0x1014386c8>

ビルトインのlist関数を使ってあげると、中身が確認できます。

list(zp)
#>> [(0, 'a'), (20, 'b'), (40, 'c'), (60, 'd')]

面白い使い方として、iteraterの際に変数にまとめて格納……なんて使い方も。

for align, text in zip('<^>', ['left', 'center', 'right']):
  '{0:{fill}{align}16}'.format(text, fill=align, align=align)

#'left<<<<<<<<<<<<'
#'^^^^^center^^^^^'
#'>>>>>>>>>>>right'