読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

format関数の文字詰めについて

python

format関数には文字詰め用オプションがあります。

実際のところ

中央は「^」、左詰めは「<」、右詰めは「>」

'{:=^30}'.format('Sample string')
#>> '========Sample string========='

'{:=<30}'.format('Sample string')
#>> 'Sample string================='

'{:=>30}'.format('Sample string')
#>> '=================Sample string'

文字はにバイト文字も指定可能

'{:乙>30}'.format('Sample string')
#>> '乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙乙Sample string'

さらに、何故か数値でも可能です。
バイナリ計算まわりで左詰めは誤爆したら色々面倒ですね……

'{:0<16x}'.format(16)
#>> '1000000000000000'