Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

標準ライブラリtimeitで動作時間のサンプルを取る

リファクタリングの結果を取る場合には標準ライブラリtimeitが有効です。

実際のところ

$ python -m "timeit" -s "1 + 1"
10000000 loops, best of 3: 0.0202 usec per loop

そんな回数は要らないよ、というときは-nオプションを噛ませます

$ python -m timeit -n 10 -s "1 + 1"
10 loops, best of 3: 0.0283 usec per loop

上位個数を増やしたい場合は-r

$ python -m timeit -r 10 -s "1 + 1"
10000000 loops, best of 10: 0.0204 usec per loop