読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

フロントエンドまわりの導入パッケージyarn

javascript/node.js

yarmは雨後の筍の如く出て来るフロントエンドパッケージ導入ツールの一種です。
公式では高信頼、高速を謳っています。

実際のところ

OS X版では以下のコマンドで導入

$ brew update 
$ brew install yarn

現状では環境変数もぶっ込む必要があるようです。

$ printf 'export PATH="$PATH:`yarn global bin`"\n' >>  ~/.bash_profile

基本コマンドはnpmやbowerと同じです。
たとえばjqueryがはいったpackage.jsonを新規に作ってインストールしたい場合は以下の通り。

$ yarn init
yarn init v0.17.10
question name (sampleapp): 
question version (1.0.0): 
question description: myapp
question entry point (index.js): 
question git repository: 
question author: shuzo_kino
question license (MIT): MIT
success Saved package.json
✨  Done in 17.75s.
$ yarn add jquery

package.jsonがあれば普通に

$ yarn install

導入画面がかわいい

パッケージ導入するときの画面がemojiでカワイイ
f:id:shuzo_kino:20161204001756p:plain

$ yarn add jquery
yarn add v0.17.10
info No lockfile found.
[1/4] 🔍  Resolving packages...
[2/4] 🚚  Fetching packages...
[3/4] 🔗  Linking dependencies...
[4/4] 📃  Building fresh packages...
success Saved lockfile.
success Saved 1 new dependency.
└─ jquery@3.1.1
✨  Done in 3.00s.