Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

gulp.destはgulpfile.jsの位置が基点

gulp.destはgulpfile.jsの位置が基点です。
srcの場所じゃありません

実際のところ

以下のような、pugファイルをコンバートするgulpコマンドがあったとします。
gulp.destはどう書いたら良いのでしょうか?

const paths = {
  pug: ['./src/pages/**/*.pug']
};

gulp.task('pug', function (done) {
  gulp.src( paths.pug )
    .pipe( pug() )
    .pipe( gulp.dest( #{どうすべき??} ) )
    .on( 'end', done );
} );

こういう時は試してみます。
" '.' "を指定すると、以下のようにgulpfile.jsのある位置に展開されます。
ワイルドカードで指定したディレクトリ名ごと作られるわけですね。

$ tree
.
├── gulpfile.js
├── Hoge
│   └── hoge.html
├── Fuga
│   └── fuga.html

...

というわけで、'./src/pages/'というようにしてあげれば意図通りpugのある所にhtmlが吐き出されます。

参考もと

gulp-dest