読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

GoLangの環境変数を一覧する

shuzo-kino.hateblo.jp
の続きみたいな記事です。
すでにGOROOTは不要になっていたようです。

そういったGO言語の環境変数まわりを一覧するには"$ go env"を実行してください。

実際のところ

ちょっと誤爆してinstallコマンドを空で叩いたところ以下のようなメッセージが

$ go install
go install: no install location for directory /Users/shuzo_kino/##/## outside GOPATH
	For more details see: 'go help gopath'

ためしに'go help gopath'を叩いてみると、
>||
If the environment variable is unset, GOPATH defaults
to a subdirectory named "go" in the user's home directory
($HOME/go on Unix, %USERPROFILE%\go on Windows),
unless that directory holds a Go distribution.
|

また、

Run "go env GOPATH" to see the current GOPATH.

とあるので、やってみると……上記文章の通り、"$HOME/go"に相当する部分が充てがわれてますね。

$ go env GOPATH
/Users/shuzo_kino/go

ちなみに、何も指定しないと全部の環境変数がでてきます

$ go env
GOARCH="amd64"
GOBIN=""
GOEXE=""
GOHOSTARCH="amd64"
GOHOSTOS="darwin"
GOOS="darwin"
GOPATH="/Users/shuzo_kino/go"
GORACE=""
GOROOT="/usr/local/go"
GOTOOLDIR="/usr/local/go/pkg/tool/darwin_amd64"
GCCGO="gccgo"
CC="clang"
GOGCCFLAGS="-fPIC -m64 -pthread -fno-caret-diagnostics -Qunused-arguments -fmessage-length=0 -fdebug-prefix-map=/var/folders/02/546lp7s57l93kzydhj2dtyzr0000gn/T/go-build203631047=/tmp/go-build -gno-record-gcc-switches -fno-common"
CXX="clang++"
CGO_ENABLED="1"
PKG_CONFIG="pkg-config"
CGO_CFLAGS="-g -O2"
CGO_CPPFLAGS=""
CGO_CXXFLAGS="-g -O2"
CGO_FFLAGS="-g -O2"
CGO_LDFLAGS="-g -O2"

参考もと

  • "$ go help gopath"