Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

アナログジョイスティックDIP化キットをArduinoでつかう

f:id:shuzo_kino:20170718234913j:plain
akizukidenshi.com
アナログジョイスティックDIP化キット[AE-JY-DIP(KIT)]をArduino UNOと合わせてつかってみます。


実際のところ

回路図

説明図によると、中の可変抵抗はこんな感じ
f:id:shuzo_kino:20170718235340p:plain

今回はCH1とシルクが書いてある方を遣います。
うえから321321とか出てますが、上がX、下がY軸を意味しています。
3に5V、1をGND、2をアナログ入力にツナギます。

ソフトウェア

#define axis_x A0
#define axis_y A1
 
void setup() {
  pinMode(axis_x, INPUT);
  pinMode(axis_x, INPUT);

  Serial.begin(19200);
}
 
void loop() {
  Serial.print("X:");
  Serial.print(analogRead(axis_x));
  Serial.print("  Y:");
  Serial.print(analogRead(axis_y));
  Serial.println();
  delay(1000);
}

動作

アナログスティックの模様、あるいはch2のシルクを左上にみて
上、下、右、左と二秒ごとに動かしてみた結果は以下の通り

X:576  Y:483
X:576  Y:483
X:574  Y:0
X:515  Y:0
X:480  Y:499
X:480  Y:499
X:485  Y:1023
X:485  Y:1023
X:584  Y:542
X:584  Y:542
X:0  Y:608
X:0  Y:529
X:492  Y:529
X:492  Y:528
X:1023  Y:499
X:1023  Y:494