Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

さくらVPS上にBottle鯖を立てる その2:Ubuntu LTSを入れる

shuzo-kino.hateblo.jp
の続きです。
二回目の今回は、さくらVPSUbuntu LTSを入れ、コンソールに入るところまで。

実際のところ

VPSインスタンスの設定を行います。
「サーバ設定」のボタンをクリック。
f:id:shuzo_kino:20170817232536p:plain
しばらく読み込み画面が出た後、
インスタンスの管理画面がでます。
最初はこんな感じ
f:id:shuzo_kino:20170818234523p:plain
右の方の「各種設定」から、OSインストールを選択
f:id:shuzo_kino:20170818234547p:plain
初回なので、変な欲を出さず標準OSインストールを選びます
f:id:shuzo_kino:20170818234606p:plain
こんな画面がでてきます。OSの選択画面ですね。
f:id:shuzo_kino:20170818234643p:plain
OSをチョイス。
最新のUbuntu LTSは16系なので、これを選択
f:id:shuzo_kino:20170818234711p:plain
パスワードを入れたり、必要ならスタートアップスクリプトの設定を。
後者は、今回やりません。
f:id:shuzo_kino:20170818234748p:plain
確認画面
f:id:shuzo_kino:20170818234913p:plain
実行すると、1〜2分ほど待ちがはいり*1
f:id:shuzo_kino:20170818234920p:plain
無事OKになると、左方向に緑の☑マークがつきます。
f:id:shuzo_kino:20170818234949p:plain
インスタンスが無事に動くようになれば、コンソールにログインできるようになります。
f:id:shuzo_kino:20170818235023p:plain

*1:撮るタイミングの問題で、インスタンスに名前がついてますね……サーバー情報編集で設定できます