Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

さくらVPS上にBottle鯖を立てる その4:Python3環境にBottleを入れる

shuzo-kino.hateblo.jp
の四回目。
今度はPython3環境を活かし、そこにBottleを入れるところまで。

実際のところ

今回の作業は全部リモート環境で。
まずは、諸々のアップデート。

remote:~$ sudo apt-get update
remote:~$ sudo apt-get upgrade

生のPythonは2系、3を使いたい場合はpython3とします。
RasPiでも同じですね。

remote:~$ python3 -V
Python 3.5.2

パッケージツールはpipにします。
apt-getで入るやつは古いので、ついでにアップグレード。

remote:~$ sudo apt-get install python3-pip
remote:~$ pip3 install --upgrade pip
remote:~$ pip3 -V
pip 9.0.1 from /home/ubuntu/.local/lib/python3.5/site-packages (python 3.5)
remote:~$ pip3 install bottle


準備が整いました。

bottle

wwwディレクトリをつくり、main.pyを置きます。

remote:~$ mkdir www
remote:~$ cd www
remote:~$ touch main.py

スクリプトは以下のやつを。
shuzo-kino.hateblo.jp

remote:~$ nano main.py

起動。

remote:~$ python3 main.py 

別の端末でログインし、wgetで動いてるか試してみます

remote:~$ wget -O - http://localhost:8080/api/status
--2017-08-21 23:35:14--  http://localhost:8080/api/status
Resolving localhost (localhost)... 127.0.0.1, ::1
Connecting to localhost (localhost)|127.0.0.1|:8080... connected.
HTTP request sent, awaiting response... 200 OK
Length: 125 [application/json]
Saving to: 'STDOUT'

-                      0%[                     ]       0  --.-KB/s               {"type": "Feature", "geometry": {"type": "Point", "coordinates": [111.1959117505781-                    100%[====================>]     125  --.-KB/s    in 0s      

2017-08-21 23:35:14 (26.8 MB/s) - written to stdout [125/125]

サーバーの方のアレをみると、通信ログがでてます。

(ry
Hit Ctrl-C to quit.

127.0.0.1 - - [21/Aug/2017 23:35:14] "GET /api/status HTTP/1.1" 200 125

次回は外に公開してみます。