Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

hdiutilコマンドを使ってUbuntuのisoファイルからimgファイルをつくる

macOSUbuntuのisoファイルからimgファイルをつくる場合、hdiutilコマンドをつかいます。
元はdmgファイルとisoファイルを相互に変換する用途のコマンドのようです。

なお、このコマンドはapple謹製で他のUNIX系には載っていません。

実際のところ

Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix リリース | Ubuntu Japanese Team
より、ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.isoを入手します。
その後、ファイルのあるフォルダにて

$ hdiutil convert -format UDRW -o ./Downloads/ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img ./Downloads/ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.iso 
Driver Descriptor Map(DDM: 0)を読み込み中…
Ubuntu 16.04 LTS ja amd64       (Apple_ISO: 1)を読み込み中…
Apple(Apple_partition_map: 2)を読み込み中…
Ubuntu 16.04 LTS ja amd64       (Apple_ISO: 3)を読み込み中…
EFI(Apple_HFS: 4)を読み込み中…
Ubuntu 16.04 LTS ja amd64       (Apple_ISO: 5)を読み込み中…
..............................................................................
経過時間: 53.040s
速度: 25.0Mバイト/秒
節約率: 0.0%
created: /Users/shuzo_kino/Downloads/ubuntu-ja-16.04-desktop-amd64.img.dmg

isoとimgには互換性がある。

一応、isoファイルとimgファイルには互換性があるので、大抵の場合拡張子を変えるだけ動きはするようです。
dmgは独自色があるため、hdiutilを介した方が安全でしょう。