Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

安物3Dプリンターでフィラメント不調に泣かされる時は、誘導路を付けてやるとマシになる事が

嘘みたいなホントの話。
家庭用3Dプリンターの大半は、ステッピングモータのギアをフィラメント送りに使っています。
そんなわけで、妙な方向の引っ張りモーメントを食らうと、送りミスが起こります。
そんな時の対策として、誘導路を付けてやる方法があります。

実際のところ

比較的優秀な家庭用プリンターで、こんな構成を見かけました。
かなりリールがグチャグチャグチャになっていても印刷が止まらないのです。

もしかして……と思い、養生テープで即席誘導路を作ってみました。

すると……今までなら、即死だったリール内でフィラメントが交差絡みを
異音を放ちつつも突破!!
ガッシリ巻かれたリールとこの方法なら、
おはぎゃーインシデントも回避できそうです。