Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

Adafruit HUZZAH32を動かしてみる

f:id:shuzo_kino:20171007224916j:plain
画像は公式より拝借
ESP32を手軽に使えるボードとして、Adafruit HUZZAH32*1があります。
そこそこ小型でUSB Microのポートがあり、電池用ソケットなんかもついてるちょっと嬉しい仕様。
日本では千石電商なんかで売ってます。
www.sengoku.co.jp

実際のところ

esp32系の環境を整えていればボード環境は整ってます。
f:id:shuzo_kino:20171007225015p:plain

ドライバーは珍しい奴

ドライバーが良くある奴じゃないので、
公式指定のサイトから導入します。
執筆時点ではmacOSの対応版が古いです。
Overview | Adafruit HUZZAH32 - ESP32 Feather | Adafruit Learning System
f:id:shuzo_kino:20171007225130p:plain

無事ドライバーが入ると書き込み設定ができます。
デフォでは921600とか凄まじい数字になってますが……
公式も失敗する事があると認めてるクセのある設定です。
ここは王道を征く115200にしときましょう。
f:id:shuzo_kino:20171007225145p:plain

コード

フツーにblinkでいいです。
が、デフォでLチカらしき挙動をしており心配だったため、
点灯2秒、消灯1秒にしてみました。

// the setup function runs once when you press reset or power the board
void setup() {
  // initialize digital pin LED_BUILTIN as an output.
  pinMode(LED_BUILTIN, OUTPUT);
}

// the loop function runs over and over again forever
void loop() {
  digitalWrite(LED_BUILTIN, HIGH);   // turn the LED on (HIGH is the voltage level)
  delay(2000);                       // wait for two seconds
  digitalWrite(LED_BUILTIN, LOW);    // turn the LED off by making the voltage LOW
  delay(1000);                       // wait for a second
}

*1:ESP32 Featherとも