Bye Bye Moore

猫マンション建築の野望を胸に零細事業主として資本主義の荒波に漕ぎ出したアラサー男の技術メモ

QtからBluetoothに接続

執筆時点において、macOSからマトモにBLEデバイスに接続する方法がありません。
そうなると、XCodeをブチこんでC++でシコシコやるか、安定したクロスプラットフォーム環境でやるかです。
今回は今後の事も考え後者……Qt5環境で実験してみることにしました。

実際のところ

対象ガジェットは秋月等で打っている ESP32 DevKitCにArduino環境をブチ込んだやつです。

まずはQt5環境の構築なのですが……macOS用のアレコレだけでも16GByteいきます。
泣く泣くいくつかのアプリを消してナントカ導入。
起動すると、こんな感じの画面がでます。
f:id:shuzo_kino:20180321235126p:plain
サンプルのなかで「Bluetooth Scanner」を選択。
ビルドするとこんな感じです。*1
f:id:shuzo_kino:20180321235133p:plain
リストが出来ますが……目当てのデバイスがありません
f:id:shuzo_kino:20180321235315p:plain
これは設定がPublicからRandomに
f:id:shuzo_kino:20180321235327p:plain
そうすれば、無事デバイス名「UART Service」が出てきます。
f:id:shuzo_kino:20180321235336p:plain
さらに、これまで標準ツールでは認識しなかったのにOS側にも認知されます。
……一体今までの苦労は何だったんでしょうねぇ(怒
f:id:shuzo_kino:20180322001717p:plain

*1:ビルド方法はネットに大量にあるのでそちら参照